ロゴ画像

公益社団法人    富山県柔道整復師会

TOYAMA JUDO THERAPIST ASSOCIATION


高岡ブロック

平成29年度 高岡ブロック学術研修会

高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像

日 時:平成29年9月3日(日)午後2時

場 所:塩谷建設記念会館 正気館道場

講 師:高田さおり(FTP認定マットピラティス
     藤田雄介(高岡市民病院整形外科主任部長)

平成29年度 高岡地区柔道整復師会定時総会の開催

高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像

日 時:平成29年4月9日(日)午後3時

場 所:塩谷建設記念会館 正気館道場

数日前から暖かさが続き、高岡古城公園では桜が一気に開花しましたが、この日はあいにくの曇り空で、時々小雨が降る肌寒い一日となりました。

平成28年10月 接骨院内で「介護予防事業・高岡型」が始まる!

介護予防高岡グループでは、平成23年度から今年度までの6年間に亘り、高岡市内全域(高岡型=全包括支援センター圏域で地元の接骨院が行う)で満遍なく、介護予防教室2種類を年間延べ250回前後開催してきました。
 特に今年度に入ってからは新聞に掲載、ケーブルテレビでの放送、また看護学生の皆さんが見学に来られるなど、多方面から注目を集める教室となっております。

さて、これらの事業に加えて、高岡市が平成29年度からの実施を計画している「介護予防・日常生活支援総合事業」のモデル事業として平成28年10月から開始した「通所型サービスA」がありますが、この事業にも既存の介護施設法人と同じように高岡市内の11軒の接骨院が介護予防事業所として参入できるようになりましたので、ご報告いたします。

この事業は、二次予防事業の対象者・要支援認定者(通所系サービス未利用者)のうち、地域包括支援センターが行う介護予防ケアマネジメントの結果、利用が望ましいとされた者に対して週1回で6ヶ月間実施されます。
 体操やレクリエーション等のサービスを提供し、運動器や口腔等の身体機能の維持・向上を図り、生活機能の向上・改善に繋げて要介護状態への移行を予防することが目的となっております。

接骨院では、施術室や待合室を日頃のままの状態で行うことができます。また特別な道具を使わずに院内のイス・テーブル・ベッド・カベ等を利用して、手軽にできる自重負荷運動やストレッチング等を工夫し、利用者さんが自宅でも気軽に運動ができるように指導します。
 実施時間は1時間30分程度で、昼休みを利用して行っています。

高岡グループでは、市のモデル事業と云うこともあり、利用者さんの定員を少なめの5名に定め、しっかりとした個別対応に務めております。今後は、事業所としての接骨院の数や利用者さんの数が増えるように、更には訪問型にも道が開けるように努力して行きたいと考えております。
 また、こうした事業を通して医療・介護・その他において私達の接骨院が地元に根差した「地域コミュニティ施設」の役割り・位置付けとして、公的にも社会的にも認識を深めて頂けるよう、成長して行きたいと思っております。

高岡市との契約では、(公社)富山県柔道整復師会が受託法人となり、各接骨院が事業所となる位置付けです。
 私達は、県内は勿論のこと全国的な規模で、このような事業が多くの接骨院で行われるようになることを願いながら、業界発展のため更に頑張って参ります。

平成29年1月8日(日)高岡地区新年会の様子

高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像

ホテルニューオータニ高岡に於いて高岡地区新年会を開催致しました。

平成28年1月10日(日)高岡地区の新年会の様子

高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像

生バンドと共に、高岡市長の高橋正樹様・衆議院議員の橘慶一郎様から、すばらしい歌声を聞かせて頂き、会場が更に盛り上がりました ~ たいへん有難うございました!^^
 今後とも、柔道整復師会をよろしくお願い致します。

平成27年度・高岡ブロック学術研修会(9月6日・午後1時開始)

高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像

■演 題:「急性期におけるバランスの捉え方と処置法」

■講 師:田中接骨院院長 田 中 信 孝 先生

【副講演】

■アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)板 坂 登 氏、他

■塩谷建設 定 司 奈 紀 氏

ソフトボール大会に備えて早朝練習(9/6・日曜日・午前6時開始)

高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像

平成27年度 高岡地区柔道整復師会 定時総会

高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像
高岡会員ページ画像

意見交換会

高岡会員ページ画像

公益社団法人富山県柔道整復師会 介護予防射水グループ10名と小杉、下 包括支援センター・小杉南包括支援センター・大門 大島包括支援センターの方々7名との意見交換会が4月5日午後7時30分より行い大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。
 2月26日(木)射水市の大人、子供合わせて50人位の講義と実技を理論を交えて勉強会をしてみました。

自然体バレー塾を受講して(前田治朗)

【方向性がある三つの特長】(大人)

・身体メカニズムに則った正しい体の使い方による「故障をさせずに上達させる指導」が第一の特長
 ・人間学を基調(きちょう)にした「子供の将来を見据えた指導」が第二の特長
 ・スポーツPNFによる「コンディショニング」が第三の特長

すなわち、身体の問題、心の問題、技術の問題を3点セットにしたトータル的な指導法が特長

【原理原則を大事に】→「故障をさせずに上達させる指導」「コンディショニング」(子供)

・D1、D2ライン、筋肉の性質、関節の可動性、連動、連鎖、物理の理論を駆使して力任せの動きをせず、ムダな力を使わない。
 ・目に見えない体の内部で発生するエネルギーを力「パワー」に転換できる動きである。
 ・目的を達成する手段として段階的指導法を行うこと。
 ・練習ドリルは基礎的、系統的であること。
 ・練習のための練習でなくどんな基本的な練習でも最終技術につながることが練習メニューの鉄則。
 ・ゆっくりした動きでの神経・筋への再教育を行える
 ・姿勢反射などの人間が生まれながらにしてもっている能力(本能)を活用する
 ・無理な動きを強要しないこと

【目標設定】→「コンディショニング」=メンタル

(大人)
 指導者は誰でも「勝ちたい」「勝たせたい」と思うものです。しかし現実は思う通りにいかないものです。なぜでしょう?
 多くの場合、目標設定に問題があります。「勝ちたい」「勝たせたい」は結果です
 結果を目標にしてしまうと途中の過程より結果ばかり見てしまいます。

(子供)
 強くなりたいなら「そのために何をするか」勝ちたいなら「そのために何をするか」
 この「そのために何をするか」が具体的な行動そのもの。目標を置くのです。
 レシーブを拾いたい「そのために何をするか」
 強いスパイクを打ちたい「そのために何をするか」
 幸せにしたい「そのために何をするか」
 正しい目標設定が大事です。

【実技】=ひざ抜(ぬ)きとは→「コンディショニング」(子供)

古武道(こぶどう)で身をかわす動作。それは、動きの停止状態ではなく“体のつり合い”がとれている静止状態からひざの力を一瞬(いっしゅん)抜く仕草でスパイクジャンプ、レシーブの時に使う。一瞬ひざを抜くと重力で重心が急降下する。その瞬間に位置エネルギーが運動エネルギーに変換(へんかん)され体重の3倍の力が床に加わり、床からの反力として体に返ってくる=作用反作用の法則
 つまり、床を蹴(け)らなくても、体が前に出る。

五覚の次の直覚を育てる!

*基礎体力をつくり、専門体力をつくってから技術を学ぼう。
 *基礎、専門体力がつくれない状態で技術(各スポーツのテクニック)に走ると怪我の原因となります。
 *体力に技術、そしてさらに柔軟性と人間性が求められます。

1.アンタがたドコサ遊び、膝に抜き、スプリットステップ
 2.W-UP(一部)→目標
 3.D2ダンス→目標
 4.炎→目標
 5.オーバーパスの構え(ボクシングのガード型)、キャッチ(ウサギの耳)→目標(ちょい目的)
 6.アタックスイング=パス→目標(かなり近い目的)
 7.第三のトス→(かなり近い目的)
 8.1秒静止オーバーパス→(かなり近い目的)
 9.※自分の理想とする〝気持ちの良い感覚のパス〟ではない場合→何段か前に戻る+α

参考資料
 速効コンディショニング法 著者高田一壽
 自然体バレー塾(自然体概論) 、考えの基 著者草野健次
 ナンバの効用-整体動作が体を変える 著者小森君美
 インターネット

平成26年度高岡市総合防災訓練

8月3日(日)午前9時30分より平成26年度高岡市総合防災訓練が、東五位小学校、能町小学校、国吉小学校、中田小学校でありました。高岡市柔道整復師会と高岡市が防災支援協定を締結して、初めての防災訓練です。我々は、東五位小学校で、怪我の応急手当をダンボール、シーツ(一般の家庭には、包帯、固定具などないので)など使って、住民の皆さんに説明しました。それなりにアピールできたと思います。 柴田成人