ロゴ画像

公益社団法人     富山県柔道整復師会

TOYAMA JUDO THERAPIST ASSOCIATION


災害対策委員会

講習会情報

富山県総合防災訓練に参加して

日 時  平成30年9月2日(日)午前8時30分

場 所  氷見市運動公園(メイン会場)


本年度の富山県総合防災訓練は、大規模地震や集中豪雨を想定し氷見市を中心に高岡、射水市を含む計9会場で県や市、警察、消防、自衛隊など約140機関の約6400人が参加し開催されました。今夏の西日本豪雨や大阪北部地震の教訓を取り入れた訓練もあり、非常時への対応を確認しました。

邑知潟断層帯を震源とするマグニチュード7.6の地震が発生し、氷見、高岡両市で震度7、射水市で震度6強を観測。県西部で局地的な集中豪雨もあり、建物の倒壊や土砂災害で多数の負傷者が出ているとの想定で行われました。

同公園駐車場では地震で倒壊したブロック塀や家屋、土砂で閉じ込められた車からの救出訓練など実施。消防隊員や自衛隊員らが塀を持ち上げて土砂を取り除くなどして負傷者を助け出し、救護所に運び込むなどしました。

来賓として石井隆一知事や林正之氷見市長らが視察されました。

富山県柔道整復師会からは林豊輝会長、河合優副会長、眞田克樹災害対策委員長をはじめ23名の会員が参加し、救護支援活動を目的に簡易担架での搬送、負傷時の緊急応急処置の訓練を行いました。

最近では豪雨災害や台風被害が多く発生しているだけに、今回行われた訓練の重要性が感じられました。今後災害時の救援支援活動が的確に、また円滑に行えるように防災訓練に積極的に参加し、学び体験して、災害時の支援活動に役立てたいと思います。

災害対策委員会講習会画像
災害対策委員会講習会画像
災害対策委員会講習会画像
災害対策委員会講習会画像

南砺市防災訓練に参加

日 時  平成30年8月26日(日)午前8時~午前11時30分

場 所  南砺市福光中学校


「午前7時に森本・富樫断層帯を震源とするマグニチュード7.2、震度6強の地震が発生!」との想定で、福光地域の福光中学校周辺で南砺市総合防災訓練が行われました。南砺市柔道整復師会の参加会員13名は、災害時の応急処置を任され、骨折、捻挫、打撲等の処置を雑誌、古新聞、傘など災害時に手に入りやすいものを使い救護活動を行いました。

救護の途中、余震の発生を想定し参加者全員が姿勢を低くするなどの身を守る行動をとるシェイクアウト訓練も入り、気が引き締まる訓練となりました。

災害対策委員会講習会画像
災害対策委員会講習会画像
災害対策委員会講習会画像
災害対策委員会講習会画像

平成29年度 救急救命講習会

日 時  平成30年2月12日(月・振替休日)午後1時30分~

場 所  接骨会館3F会議場


平成30年2月12日(月・振替休日)午後1時30分より、公益社団法人富山県柔道整復師会 災害対策委員会救急救命講習会が接骨会館3階に於いて、50名の会員方が参加し、開催されました。

講師に富山市消防局 富山消防署救急課 副主幹 石森雅則氏はじめ、応急手当指導員 黒埼実子氏、応急手当普及員 水葉真理子氏、岡島良廣氏、岡本隆史氏、田辺敏宏氏をお迎えし、講義、実技指導をしていただきました。

大野委員の司会の下、眞田克樹委員長より開会の挨拶があり、次に林豊輝会長より挨拶がありました。講師の先生方の紹介があり、講習会に入りました。

開講にあたり、石森雅則氏より本日のスケジュール、諸注意等のお話しがあり、続いて黒埼実子氏が進行を担当され、講習会が始まりました。

黒埼実子氏は大変わかりやすく丁寧に講義され、併せて応急手当普及員の先生方が実技指導されました。実技実習は6グループ(8~9人ずつ)になり、成人の人形を使い心肺蘇生や人工呼吸の方法、AEDの使い方を主体として行いました。その他、乳児の心肺蘇生法、窒息時の処置(気道異物の除去)のハイムリック法・背部叩打法、またケガ時の止血法、回復体位等々についても学びました。

災害時はじめ、私たちの日常生活、スポーツの現場においても、交通事故、心臓疾患の発作など、突然生命の危機にさらされる事は珍しくありません。我々柔道整復師は医療従事者として緊急時の現場で役立つような正しい救命技能を習得し、また定期的に練習する必要があります。

終わりになりましたが、講師の先生方にはご多用の中、懇切丁寧にご指導いただき、厚く感謝申し上げます。

災害対策委員会講習会画像
災害対策委員会講習会画像
災害対策委員会講習会画像
災害対策委員会講習会画像

平成29年 災害対策委員会講習会

日 時  平成29年11月23日(木)午後1時30分~

場 所  接骨会館3F会議場


全国トップレベルの技術と経験をおもちの(学法)北信越柔道整復専門学校講師の高崎光雄先生を講師に委員・会員72名が参加し「骨折・脱臼の判断と身近なものによる固定法」と題して、ご講演していただきました。

前腕骨遠位端骨折と下腿骨幹部骨折の整復、固定法を動画やパワーポイントでわかり易く実技もモデル使い、下腿骨幹部骨折では実に効率的な【合わせ包帯】の実演していただきました。

災害対策委員会講習会画像
災害対策委員会講習会画像
災害対策委員会講習会画像
災害対策委員会講習会画像

次回は平成30年2月12日に【救急救命講習会】3時間講習を企画しています。成人に対する心肺蘇生法とAEDを使用法と小児に対しての対応も致します。富山市消防局から講師を迎え最新の救命講習を行いますので会員の家族や従業員も一緒に受講をお待ちしています。

災害対策委員会講習会

日 時  平成26年7月27日(日)午後1時30分~

場 所  接骨会館3F会議場

演 題  心肺蘇生法とAED、応急手当

講 師  富山県防災士会 小杉 邦夫  野田 隆志  関  憲一

吉村英男副会長、河合優副会長及び災害対策委員会会員が参加し蘇生人形とAEDを使用しての実技講習会が開催されました。また、三角巾による止血法も実演されました。最後に、柔道整復師会から一人でも多く防災士が誕生することを切望されました。

この日の、講習会内容をご覧になりたい先生方は接骨会事務局までお問い合わせ下さい。

平成26年度 富山県総合防災訓練 開催

来たる、平成26年9月7日(日)魚津断層帯を震源とするマグニチュード7,3の地震が発生し、黒部市、入善町、朝日町で震度7を観測した。このため、建物の倒壊、同時多発火災、ライフライン施設の被害、集落の孤立化等が発生した。この災害で多数の負傷者も発生し、道路も寸断し混雑している。

との災害想定に基づき、黒部市総合体育センターを中心に大規模防災訓練が開催されます。

詳しいこと、またご興味のある先生方は虎谷典和災害対策委員長までお問い合わせ下さい。